【さとり世代を”勝手に”代表して】今、21歳の僕がブログを始める意義とは

ブログ
スポンサーリンク




ハイサイ、さとり世代の仲間たち!
ハイサイ、さとり世代を応援してくださっている皆さん!

自己紹介

初めまして、この度初のブログ記事投稿ということでまず簡単に自己紹介させていただきます!

  • 沖縄県出身の1999年生まれの【さとり世代】です!
    今後自己紹介時にはさとりジェネレーション[世代]のK(名前のイニシャル)ということで『さとジェネK』と名乗ります!
  • 現在大学3年生。
    米国にあるリベラルアーツ系の某大学で専攻・経営管理学(Business Administration)と副専攻・金融学(Finance)を主に勉強しています。
  • また大学では体育会系サッカー部に所属しています。
    小4からずっとサッカーをしています。
  • 今年度に飛び級という形で(米国は飛び級できるのです!)卒業予定です。
    2021年6月に卒業します!
  • 長期的な戦略の下、インデックス投資(ETFですが)をしています。
    金融リテラシーにおいてエキスパートではありませんが、自分のお金を自分でマネジメントしたいと思っています。
    経済的自由を40歳までに達成したいです。
    少しでも知識を共有して誰かお金に困っている方々へのヒントになったらいいなと思っています。

また、米国大学に進学しようと思ったワケや、サッカーを10年続けて感じたことなど、今度また深堀して投稿しようと思っています。誰か今進学・進路で迷っている方々がいたら少しでもヒントになれたらなと思って書いているので、その記事もアップされたら是非読んで欲しいなと思っております。

そもそもさとり世代とは?&【さとり世代】に対して思う事

世で言う『さとり世代』

このブログを開設するにおいて、僕は僕自身も該当する【さとり世代】というフレーズを引用させてもらいました。
そもそもさとり世代というのは、

1987年4月2日から2004年4月1日生まれの人が該当するとされる。一般的に「欲がない」と言われている世代を指す。

Wikipedia

ということだそうです。
この言葉が生まれた経緯は、バブル崩壊から日本の景気が冷え込み、不況下の日本をよく知ったことから当時の若者世代の消費行動が比較的低くなりました
それで、その当時の若者世代、いわゆる僕たちは、【さとり世代】と呼ばれるようになったそうです。

僕が解釈した『”僕なりの”さとり世代』

経緯やしっかりとした定義は大まかに理解したものの、僕は自分なりの哲学的に『いいとこどり』というマインドセットがあります。このマインドセットにはのちの機会で説明いたします。
話を戻すと、『さとり世代』というコンセプトに出会い僕自身該当することを知り、

「これは良い!悟りを開き、無駄な欲にすがりすぎず、物事のあり方や本質を冷静沈着に分析することが出来るあのお釈迦様と同じ領域かよ!」

とビビっときました。
つまり、変に自分を鼓舞しこの【さとり世代】のフレーズを気に入って勝手に自負し始めたのがきっかけです(笑)

『さとり世代』から得た”勝手な”責任感と想い

仏教徒や信者の皆さんに語弊のないように申し上げます。
“僕にとって”悟りを開くとは【何かに取りつかれずに己の心と真摯に向き合い、“程よく”欲をもって心技体をバランスよくコントロールする】ポリシーとして解釈しております。
なのでこれから同じく“悟りを開いた”僕の仲間たちと一緒に、もっと【さとり世代】の認知度を広げながらもっと自分なりにその呼び名の良いとこ取りをして、悟りを開いて社会に上手く貢献出来たらなと思っております。
無論、さとり世代を自覚している人たちはWikipedia曰く、わずか4人に1人にとどまっており、悟りを開いていると客観的に評価されていることを知らないのです…だから知ってほしいのです!

勿論、これは【さとり世代】へのえこひいきブログやその他世代への軽蔑といったフィルターをかけるような文章ではありません。
むしろ、それ以外の世代の皆さんからのフィードバックを得ながら、少しでも多角的に自分や社会を見つめ直せるような機会になればなと心得ています。
そして何より、僕は憶測で語らないように気を付けているのですが(小説『コンビニ人間』を読んで憶測で物を言うが失礼にあたることがあるとを知ったので)、人間観察が好きな変態なので、いろんな方々と出会いそれぞれの考えを知るのが楽しいのです!

ブログを始めようと思ったきっかけ

ブログを始めようと思ったきっかけは、公に、ダイレクトに、僕といういちサンプルを見てもらえるかなと思ったからです…

いちサンプル??詳しく説明いたします。

「人間は考える葦であり、ただのいちサンプルである」

僕の高校3年生時のF担任先生のことをとても尊敬していて、彼女がおっしゃった言葉が今でも胸に焼き付かれています。

私はただの担任です。もちろんこのクラスをまとめるという務めはありますが、あくまでも、数多くいる人類の中のいちサンプルにすぎません。私のことをどう思おうが構いませんが、是非一人ひとりが、「F先生は○○だから、私は同じ過ちを犯さない」など、自分で考えて、私を一つの題材として自分の中で議論してください

(当時)高校3年3組の担任・F先生

僕はまだ21年しか生きていない小僧ですが(2020年10月現在)、是非多くの方が私という人間をこのブログを通して知ってもらい、「(反面教師的に)俺だったらこうするな」「あいつのやった○○、俺もやってみよう」など、いちサンプルとして僕の考えや経験が誰かのなにか人生のプラスになればな、と思っております。

以上が、僕がブログを始めようと思ったきっかけです。

ブログをやる意義&ブログを通じて成し遂げたい事

僕はこのブログを継続するにおいて、成し遂げたい事があります。それがこちら:

  1. 【認知度アップ】
    さとり世代の皆さんが、まずは自分がさとり世代ということを自覚してもらう。
  2. 【自分への落とし込み】
    皆さんそれぞれがさとり世代というフレーズを自分なりに良いように解釈していただいて自分に落とし込む。そして自分なりに“悟りを開く”。
  3. 【止まらないフィードバック】
    このブログをコミュニティ化して、それぞれが自分の悟りを共有する。
    また、周りも積極的にそれぞれの悟りへの道のアシストの為にフィードバックできる環境を作る。
  4. 【誇れるいちサンプル作り】
    このブログを通して、それぞれ自分がどういうサンプルなのかを知る。勿論、僕自身においても。
    そして最終的にはあたかも社会全体がさとり世代なんじゃないかというぐらい世代を卓越して“悟りを開き合う“。

ただしこの結果は大まかにしか測れず、結果をビジュアル化するには難しいかもしれません。
でも僕は以下の目標を掲げてブログを運営しているので、このミッションステートメントからぶれることなく、上手くアウトプットしながら良い環境を作れたらなと思います。

ここまで読んでいただいき、誠にありがとうございます。
僕はまだブログ人として走り始めたばかりです。
これからも僕のブログを読み応援していただけたら幸いです。
ペーペーの若造ですが、どうぞよろしくお願いいたします!

記事を読んでくださり、にふぇーでーびる!
またやーさい!

大空にも東も西もないように、あなたの心も内側と外側で境界を設けてはいけません。

―“さとり人”代表・お釈迦様より

コメント

タイトルとURLをコピーしました